にぎわいの森 Inabe Hutte

2022.09.01

にぎわいの森「日曜マルシェ」10月出店者募集!

More Info

2022.9/9

海津市×いなべ市友好企画 オリジナルのあられをつくりたい! 最新情報2.デザインどうしよ

海津市×いなべ市の友好企画 オリジナルあられ製造プロジェクトの最新情報をご紹介します。

目次

 

 

最新情報2.パッケージのデザインどうしよう……

今回は、日比あられの日比さんら海津市チームが、二ノ瀬峠を越えて、いなべ市役所にやってきてくださいました!

商品開発をする上で、避けて通れないのが、デザイン。
これをどうするか、アツく議論しました。

シビックコア棟にワイワイと響きわたる関係者の声。

画像は右からパッケージ担当のエムティの玉井さんと日比あられの日比さん。
そして左が、いなべ市のデザイン担当の鈴木さん。
海津市チームの皆さんは、とてもフットワークが軽く、いなべ市との友好を大事に考えてくださっていますよ。

議論は白熱しました。
もう、皆さん、こだわるんです。いい意味で!
目指すのは、カラフルでかわいいイメージかな!?

東海環状自動車道の全線開通を控え、お隣同士、海津市といなべ市のパートナーシップでいいものをつくりたい!

どんな、あられになるのか、楽しみです。

11月の完成・販売を目指して、関係者が事業を進めています。
完成までのプロセスを、どんどん公開していきますので、お楽しみに。

 

 

最新情報1.海津市の日比あられさんで、商品開発の会議を開きました

グリーンクリエイティブいなべでは、今、海津市の人たちと協力して、オリジナルのあられをつくろうと、企画を進めています。

この商品開発でご協力いただくのは、海津市の千代保稲荷神社「おちょぼさん」の近くにある有名なあられ製造メーカー、日比あられさん。

この画像に映るのが、次世代のあられを担う日比さん。
デザインや売り方、ターゲットなど、あられの固定概念を打ち破った斬新なものにしようと気概に満ちています。

こうしよう、ああしよう、と色んな意見を出し合いました。

しかし!

一口にあられといっても、色んな味わいがあります。
どんな味にしようかと試食を行いましたが、……どれも美味しくて、決めるのが、もう大変。

今年度の販売を目指して、関係者が事業を進めています。
完成までのプロセスを今後もご紹介していきますので、お楽しみに。