にぎわいの森 Inabe Hutte

2024.04.11

にぎわいの森「weekendMARKET」出店者募集!

More Info

2023.8/1

暮らしと自然がつながるLab.(いなべグリーンラボ)

にぎわいの森イベント

イベント概要


【タイトル】暮らしと自然がつながるLab. みんなで丸になって話す日

【日時】8月1日(火)17:30~19:30
【場所】いなべ市役所 シビックコア棟2F 研修室2-3(いなべ市北勢町阿下喜31)
【対象】どなたでも参加OK ※予約はいりません


 

イベント詳細


「自然の中で人が育み・営むこと」を軸にしたミニシンポジウムを開催します。 市内を拠点に活動する才賀美奈さんと田端昇さんをお迎えし、日々の活動紹介を はじめ、以下テーマでお話しいただきます。 また、都留市役所の職員 で “宝の山ふれあいの里” と呼ばれる地域の中に 埋め込まれた博物館を運営する佐藤洋さんをゲストとしてお招きします。 佐藤さんには、「居場所とは」というテーマで、すべてのいきものと「ひとつの場所」 をつくっていく関わりへの思考のポイントや、自然と共に営むことの 本質に触れながらお話しいただきます。 みんなで丸になって心を通わせ、何かが響く時間になると嬉しいです。


 

パネリスト紹介

 
「自然の中で人が育むこととは」

認可外保育施設 「いっしょに子育ち親育ちなないろのわ」代表

才賀 美奈さん

1978 年京都府宮津市に生まれる。幼少期から自然の中で遊び込み、将来は自然の中に子どもたちの居場所を作る夢をもつ。大学で海洋環境について学び、卒業後、京都・沖縄・ニュージーランド・神奈川と暮らしの地を変えながら、海辺の体験学習や環境教育に従事。2008 年結婚を機にいなべ市に移住。二女一男を授かり子育てする中で「里地里山の自然と共に、人が暮らし育つこと」の楽しさや意義にあらためて気づき、現在の活動に至る。

「暮らしと森を繋ぎ直す」

パーマカルチャーデザイナー・木こり

田端 昇さん

林業の現場で 17 年働いた後、現在は伐採、森づくりや庭づくりの他、市内保育園の 森と園庭の手入れにも関わる。活かし合う繋がりのデザイン手法であるパーマ カルチャーを土台に、暮らし方から働き方まで、さまざまな提案を行っている。 2015 年からは、ヒノキ林を開拓して、生活の場所と雑貨店をつくりあげる。 果樹・ハーブ・薬効のある野草などを植え、暮らしながら実験の日々を送る。

「くらしと自然が絡み合う場づくり」

都留 宝の山ふれあいの里・ ネイチャーセンター 学芸員

佐藤 洋さん

宮城県角田市生まれ、遊びはずっと森や川、感性はここで養われる。 山梨県都留文科大学文学部社会科学科卒 環境生態論ゼミにて動物行動学を学び、ムササビ・ノネズミ・ヒミズ・モグラなど、里山に棲む小動物の観察に明け暮れる。 同年、都留市役所商工観光課(現産業課)に博物館学芸員として入庁。 さまざまな教育機関において自然体験や森づくりに関する調査研究・普及活動に従事。現在、山梨県都留市在住。都留市役所企画課政策推進担当並びに、一般社団法人都留まなびの未来づくり推進機構 executiveadviser を務める。


 

「いなべグリーンラボ」とは…(Inabe Green Lab.)


いなべのグリーン(自然資源)の魅力や可能性を見つけ、未来を生み出していく工房(場所)です。
自由に心を広げあそび、いなべのグリーンを体感し、その魅力に触れる…
そんな機会や場所を創造していきます。


 

お問い合わせ

【主催】いなべ市

【運営・お問い合わせ】一般社団法人 グリーンクリエイティブいなべ
【電話番号】0594-72-7705 
【E-mail】info@inabe-gci.jp